停電攻撃???

 最初は冗談かと思っていたのですが、経済産業省で、退職勧奨を勧められている古賀氏の自宅が停電しているという話は本当のようです。こんなことして、東電や経済産業省にメリットはあるのでしょうか???小学生のけんかのようなやり方ですね。
 このような馬鹿なことが起こる日本という国は、本当に自由主義の国でしょうか?それくらい原発権益などにこだわる役人が多いということの裏返しかもしれません。
 韓国のテレビ番組が増えたことに関しても、為替レートや日本での番組制作コストが高いことに起因していることなどに関しての報道はまったくありません。その昔、アメリカで、トヨタの自動車や東芝のレコーダーを叩き潰しているアメリカ人と何ら変わることがないような気がします。
 円高で、文化を超えて、安い製品が流入してきていることについては、喜ぶべきことかもしれません。日本では、放送権益というものが、守られたということもあるかもしれません。テレビ広告の価値が落ちているので、止むを得ない選択肢としての海外テレビ番組の放映ということになっているのです。
 テレビをデジタル化するについては、衛星放送にすれば、地上波にする必要はまったくなかったのに、地方の放送局権益を守るために行われていたことです。もちろん、電器会社やアンテナ会社は、買い替え需要で儲かるので反対をしませんでした。
 個人的には、日本が衰退へ向かっているのは目に見えているのに、小さな権益を維持するために行動するのはどうかと思っています。何もしないしできない政府の対応をみても、これは国民性のなせる業かもしれないと感じています。最後には、スケープゴートをみつけて、戦争など極端な方向に突き進まないことを望むばかりです。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 富士山 says:

    >テレビ広告の価値が落ちているので、止むを得ない選択肢としての海外テレビ番組の放映ということになっているのです。
    最近、宝くじのCMがうっとおしくてしょうがないですね。 宝くじが天下り役人の温床であるとわかっていながら、皆うれしそうに買う。 メディアも大切なお得意さんなので何も言えない。 日本の縮図のようで情けなくなります。