東京モーター小!

 東京モーターショーが、東京ビッグサイトで開催されます。ずっと幕張メッセで開催されていましたが、参加会社が減少したことや集客を狙って、東京ビッグサイトでの開催になりました。今回は時間をみつけて、みにいこうかと思います。規模はかなり小規模であまりニュースにもならなくなりつつあります。
 日本国内での自動車売上げは、ピーク時の1990年頃に比較して、約1/3まで縮小しています。自動車自体の売上げが大きく減少しています。自動車メーカーは、政府に対しても自動車取得税や重量税の減税を要求していますが、財務省は重要な財源として、反対しています。
 一番自動車に興味のあったベビーブーマー世代も還暦を超える年齢になり、運転自体をしなくなるドライバーが増えていることも要因といわれています。若い人には、安くてエコな自転車のほうがブームです。10万円以上する自転車が飛ぶように売れているという話もあります。
 こういった変化を目の前でみて、株式投資にいかす方法もあります。現在は自転車ブームですが、あさひという自転車販売会社です。ブームにのって日本全国に販売店を増やしています。大手GMS(スーパー)のような安い自転車を売りっぱなしにするビジネスモデルではなく、パンク修理なども喜んで引き受けてくれます。ユニクロ的自転車販売会社であり、この点では新しい遺伝子を持った会社です。
 町の自転車屋さんにとっては脅威的な存在です。現在の彼らの問題は自転車事故の増大による自転車ブームの終焉かもしれません。携帯ゲームなども子供が100万円もゲームで使ったとか、必ずブームの裏には社会的問題となることがあります。市場を健全に成長させるための努力も必要なのです。
 このような市場の加熱に対しても対応していく社会的コストをどのように克服していくかについても、対応できるような遺伝子を持った会社でないと長期の成長は続けられません。英会話学校として急成長したNOVAやエステ会社も前払い販売というシステムの利点だけ利用して、欠点である後払いのサービス提供の悪さなどから破綻していく運命をたどりました。
 成長株投資においては、このような観点からも会社をみていく必要があることを認識する必要があるのは、間違いありません。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。