パイオニア屋!

 パイオニアのことを書いたら知り合いからなつかしい話がありました。パイオニア屋と呼ばれていた立花氏です。今も販売されていますが、「あなたも株もプロになれる」という書籍を書いた方です。1980年代にお亡くなりになりましたが、相続税の払い記録から5億円以上の資産を残していたそうです。彼は、パイオニアの株だけを対象に、うねり取りという手法で、株で生活していたのです。
 一銘柄なので、値動きがよくわかったようで、相場のニュースなども一切無視して株の売買を繰り返していた方です。パイオニアは古くから貸借銘柄であり、買いは現物、売りは信用でずっと、約15年間くらいやっていたようです。私もバブルの崩壊した90年代前半にこの書籍に出会い、ずっと玉の入れ方の勉強をしました。
 計画的なナンピン買い下がりや、売りあがりなどは今でも使える投資手法です。感覚的な部分もありますが、ずっと粘り越しで耐えたり、ダメと思えばあっけなく投げたりするのは、チャートをみながらでないと理解ができないのですが、売買譜(株の終値と売買内容)だけで、イメージができるうようになると、プロの領域だということになります。
 当時は手数料だけでも、往復で4%くらいかかっていた時代にも淡々と売買をして、大儲けしていたので、売買譜を参考に自分なりの理解をすることは今の相場環境でも役に立つと思います。当てもの売買ではなく、トレンドについていくような売買をどうやっているのかということがよく理解できると思います。
 初心者の方には、ちょっと難しい内容ですが、この売買譜の売買が理解できるようになれば、かなり売買技術が進歩したということになります。みなさんも一度、特に売買譜を理解できるまで、読まれるといいと思います。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。