ダルビッシュ投手の移籍!

 ダルビッシュ投手のメジャーリーグ挑戦に関して、いろいろと調べていると、いろいろあるのだなと思いました。基本的なことですが、フリーエージャントとポスティングによる移籍では、もとの所属球団のメリットがまったく異なるということです。
 フリーエージェント制度は、一定期間球団に所属した後に、選手が自主的に球団から別の球団へ移る権利を行使するので、メジャーリーグへ移籍した場合には、もとの所属球団への移籍金の支払いなどはありません。ポスティングの場合は、まだ、フリーエージェントを行使することができない選手が所属球団に申し出て、球団が了承すれば移籍ができる制度であり、メジャーリーグへ移籍をしてももとの所属球団には、移籍先の球団から移籍金が支払われるのです。
 今回のダルビッシュ投手のメジャー移籍に関しても、まず日本ハムが移籍金の金額などを見極めて、最終決定が行われるので、一筋縄でいかないようです。
 プロ野球では、選手会という選手の労働組合が結成されていることもあり、フリーエージェントやポスティング制度が明確化されています。面白いのは芸能界かもしれません。最近になってようやく契約期間が明示されるようなことも多くなったようですが、一度事務所契約をすると、タレント側から契約を解除するには、事務所側が了解しないとできないのが原則のようです。
 このようなことから、タレントが事務所との契約をめぐって、訴訟沙汰にまでになることが多いのです。事務所サイドも、タレントのコストを抑えておかないと、収益が上がらない部分やタレントが売れるまでにかけたコストが見合わなくなるなどの問題が発生するからです。事務所移籍の要因としては、ギャラが安いとかが多く、事務所サイドもタレントのギャラの高騰さけたいという面もあるのかもしれません。
 プロ野球も芸能界もあまり制約がなく、かなり競争の激しい社会なので、一握りの成功者をみて、そうなりたいという人はかなりいる業界であり、生き残っていくのは、厳しい世界なのでしょう。派手に報道されるドラフト会議の影で、数年前のドラフト一位の選手がプロ野球界を去っていく姿があまり報道されないのは、ちょっと問題かもしれませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。