デレバレッジは続く!

 世界的に投資資金収縮が続いているようです。ここ一か月間くらいは、新興国からの資金の引き上げが続き、新興国の株安、通貨安が続いています。ユーロ危機の影響もありますが、世界的な低金利をエンジンとした投資ブームの終焉かもしれません。特にヘッジファンドについては、米国をはじめ規制がかなり厳しくなってきました。
 税金を減らすことを目的としたマネーロンダリング的なことも、世界中で規制がかかるようになり、タックスヘブンと呼ばれたケイマンファンドなどの規制も厳しくなっているからです。日本でも香港と租税条約が結ばれ、来年1月から日本政府が本格的に日本人の投資資金の税務調査などを開始する予定をしています。
 ユーロ危機という問題のほかに、このような世界的に課税を強化する動きが、投資資金に与えている影響も大きいのです。これまでは、なかなか把握されないという安心感のもとに海外で運用した投資資金が引き上げられているのです。レバレッジを考えれば、100ドルの投資資金が2000ドルの資金として運用されているという説もあるくらいなので、影響度はかなり大きいのです。
 リーマンショックで大きく縮小した投資資金が世界的な低金利で再膨張していたものが、また縮小のプロセスに入ったということになるのかもしれません。11月、12月末ベースで解約されるヘッジファンド資金は、全運用資金の10%~20%という推計もあるようで、このような環境下では、大きく株式市場があがるという期待はしないほうがいいのかもしれませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。