弱気に傾く・・・・

 アメリカの経済も弱気に傾く意見が増え始めています。11月頃には、以外と好調なアメリカでしたが、クリスマスを目前に控えて、雰囲気が悪くなってきたようです。期待された年末商戦も去年より少しいいくらいで終わりそうです。また、再びバンカメなどの金融株が安値をたたき始めているからです。バフェットがバンカメの優先株を買ってから約三ヶ月たちますが、それからバンカメ株は、20%以上下げています。
 動きの悪い株よりも何か投資対象かということですが、現在は現金という選択になるようです。ヘッジファンドの解約なども増えていることもあり、当面は下値を探る展開になりそうです。2012年は大転換の年になることは想定していますが、いいほうへ転がるか、悪いほうへ転がるかという大命題を抱えています。
 ユーロ経済もダメ、新興国もダメでこれでアメリカ経済もダメとなると・・・・・・暗黒の2012年になるのでしょうか?