ソプラノ大家さん・・・・・

DSC_0502.JPG
彼女の出版記念パーティへ参加していました。とても楽しいパーティでした。彼女は、夢をかなえるためには、いろいろとあったかもしれませんが、何の苦労もしていません。(というかそういう感じの人です。)日本では、苦労しなければ成功しないような風潮がありがちですが、そうとは限りません。自分が好きで楽しくやれるものをやれば、結構うまくいくということです。
 私の場合はそれがたまたま相場とか事業であったのかもしれません。相場についてはもう30年近くやっていますが、やはり好きだから続いたのでしょう。それも、苦労したというイメージはまったくありません。スタート時からたまたまうまくいってしまいました。
 このブログに書いていますが、オニールの成長株投資法についても、たまたま始めたときに、いい銘柄に出会いそれからこれが自分の投資スタイルになりました。
 投資家は、よく大きな失敗(大きな損失を出す。)をしてそれから成長するなんていう話がありますが、私は大きな失敗をしたということはないかもしれません。それよりも、儲けそこなったという後悔はあります。
 カードローン残高が500万円近くになったときも、相場で負けたということではなく、散財をしていたらたまりたまってそうなったというようなものです。
 過去、千万円単位の損をしたこともありますが、自分の資産が大きく増えているときでもあり、全体のバランスからいえばたいした損失ではありません。FXの本などを読んでいると、相場師で大成している人はかならず大損をした経験をもとに成長しているようなお話がでてきますが、私はそのような経験はありません。
 やはり好きこそ物の上手なれということでしょうかね。