ブラジル国債・・・

 知り合いからブラジル国債の投信への投資はどうですか?という質問を受けました。経済は好調を維持しています。このところユーロ危機などもあり、ブラジル経済も減速しているようです。
 ブラジルレアルはボラの高い通貨ですが、対円ではかなりの安値にあり、面白いかもしれません。ポイントは利下げ局面に入っていることもあり、これまでのような高配当は得られなくなるリスクと、投信の配当がたこ配になっていることかもしれません。
 レアル建てのブラジル国債に投資して、みなし税額控除を得るという方法もありますが、証券業者への手数料(国債や為替のスプレッド)もよく考えて投資することをお勧めします。
 現在、私自身は、J-REITへの投資を検討しています。1千万円単位の投資でも流動性のある銘柄であれば、いいものもあると考えているからです。できれば、現物というか不動産投資の物件を売却して、その売却資金で、J-reitに乗り換えていこうかとも思っています。
 面倒なのは、FXとは異なり、株式市場では、GTCオーダー(無期限オーダー)を出せないのがポイントです。大まかな利回りを決めているので、この銘柄を買いたい価格を決めているのですが、なかなかそこまで届かないし、値幅制限以下だとオーダーも受け付けてもらえません。私の指値が低すぎることもありますが、のんびりと構えてやっています。
 私が考えているJ-reitは、投資残高が1000億円以上で、予想利回りが、6%以上になっている銘柄で、指値は、7~9%くらいの利回りで、買い下がりナンピンをする投資方法で考えています。もし、株式市況が回復して、値上がりすれば、予想利回りが5%~6%くらいになれば、売却するというような投資手法です。
 安定した配当ないしは、収益を得る方法としては、面白いと考えています。よく、それだけ不動産投資をしておいて、追加でJ-reitですかというお話もありますが、流動性という観点かれみれば、「生」不動産よりもメリットは大きいと感じているのが現状です。