需給が崩れると・・・・

昨日、葉山の森戸海岸で、ライブをみました。
DSC_0107.JPG
KATさんという方のライブです。
数年前は、某大手レコード会社と契約していました。
今は、フリーでソロ活動をしています。


1999年頃、宇多田ヒカルさんが活躍されていた頃は、
テレビ番組で、1曲歌を歌うと、本人へのギャラが
50万円~100万円くらいが相場だったそうです。
今は、その半分以下といわれています。
少子高齢化や趣味の多様化によって、音楽に
対する興味が薄れているともいわれています。
多くのプロの音楽家は、アルバイトをしながら、
食いつないでいるのが現状のようです。
音楽の才能があり、下手なプロよりよっぽどうまい
人がいても、何らかのきっかけでヒットしないと
どうしようもない世界です。
需要が減退して、供給が増えるということになると、
すべての価格が崩壊するというのが世の常のようです。