実態は・・・

ファクタというオリンパスの損失飛ばしを暴いた雑誌で、
SBI証券の暴露記事が発表されて物議を醸し出しています。
SBI証券は事実無根ということで、ファクタを
提訴しています。

ファクタの記事では、SBI証券が白杉という女性から、
200億円を借りて、そのお金が行方不明になって
いるというようなお話のようです。


ネットで囁かれている情報をみていると、
借りたお金ではなく、取引の担保として預かって
いるお金が200億円分流出するということの
ようです。そのためかどうかわかりませんが、
SBI証券が個人向けに1年の債券を発行する
ことも発表されています。
額面100億円、1年で1.6%というと
かなり投資家にとっていい条件にみえます。
銀行などからの資金調達ができないから、このような
債券を個人向けに発行するのかもしれないし、
少し警戒したほうがよさそうです。
やはり、担保資金に使われているといわれている200億円が
流出することについて、まったく影響がないとは、
いえないのかもしれません。金融庁もマネーロンダリングが
からんでいるということで、SBI証券を調査している
という噂もあり、今後の動きをウォッチしていく必要が
ありそうです。私もSBI証券を利用しているので、
この件が、株式取引などへの影響がないことを信じていますが
どうなることでしょうか?
金融庁からSBI証券に何らかのペナルティが課されて、
しばらく取引ができないようなことがあるかもしれません。
火のないところに煙は立たないということでもあり、
今後の展開に注意したいものです。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。