結局は・・・

コメントにお答えしておきます。
財務省などをめざす方は、非常に志の高い方も
多いといわれています。問題なのは、入省後の
内部的な要因で、結果的に省益と呼ばれるものを
伸ばしたものが出世する世界であり、結局はそのような人が
増えるようです。
省とはいえ、組織であり、組織が大きくなることが
目的になり、国民からも批判されるような組織に
なってしまうのかもしれません。


ご質問を頂いた「円高」というものに関しては、
日銀や財務省のほかアメリカの思惑もあり、
一筋縄ではいかないものといわれているようです。
私個人的には、TOYOTAなどの企業が、日本で自動車製造などを
しながら利益も出せるレベルならいいと思っています。
それが、米ドルが90円程度だと考えています。
さすがに、現状の80円というレベルに関しては、
どうしようもないと思っています。
政治的には、小沢氏が民主党議員を100人以上連れて、
中国政府へ詣でたことがアメリカの逆鱗に触れて、
今のような円高になったというようなアメリカ陰謀説

などもあるようです。
チャートをみていると、確かに小沢訪中団が日本へ
戻ってきた2009年12月以降、円高第2弾が始まった
感じもするからです。
その後、アメリカと日本の関係は、普天間基地の問題とか
でこじれたままでもあり、今回の尖閣諸島や竹島の件でも
アメリカがどちらかといえば中立的な態度でいるのも
そうかなぁなんて思ったりします。
こんなことを書くと、カルトみたいに聞こえてしまうかも
しれませんが、ひょっとしたらそうかもしれないと
思う点があるので、書いておきます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。