報道の自由・・・

沖縄の宜野湾市で、オスプレイ反対集会が行われて、
「主催者発表」で、10万1千人が集まったという報道があります。
確かに主催者がそう発表しているので、正しいのかも
しれません。NHKでは、「主催者によれば、10万人くらい集まった
ということです。」という報道でした。
宜野湾市海浜公園の広場は150mx150mくらいの公園広場で、
人ひとりが、1mx1mくらい必要なので、最大でも2万人
くらいしか収容できません。


数年前の同じような集会があった際に、
ある方が人数を数えると、12000人くらいだった
という話があります。いろんな人が入れ替わり
立ち代りきたとしても、最大で2万人くらいしが
集会には参加していないのです。
それを主催者が発表とはいえ10万人というような
大げさな発表をするの
も報道の自由なのでしょうか・・・・・
数年前に、巨人軍が、東京ドームの観客数を
適当に発表していたことが問題になりました。
実際に、人数を数え始めると、実態は、その2/3
くらいに減少しています。
国会近辺でもオスプレイ反対デモが行われて、
主催者発表で1万人で、実際は2~3千人くらい
ではないかと思われます。
原発反対デモも、主催者発表で20万人以上、
警察発表で、1万7千人くらいです。
いずれにせよ、
「主催者発表」という報道には気をつけたいものです。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。