転換???

ファミマが小売店舗への不動産投資を開始するという
記事が載っていました。そろそろ、日本の不動産も底値に
達したという判断かもしれません。
日経には、100億円規模の投資ということが記載されています。
土地価格は、一部の都市圏を除いて、すでに1970年代の
価格まで値下がりしているという判断です。
確かに、ずっと家賃を払い続けるよりも、メリットがあるという
判断に転換したということです。


同じような現象は、株式市場でも起こっています。
日経平均はピーク時の約1/4で、
PERベースでは、4~8倍という銘柄がごろごろしています。
なのに株価は上昇しません。
円高という重しがあることから世界基準からみれば、
割安ではないという判断が働いているようです。
本当に日本の不動産が底入れしているかどうかは不透明です。
米ドルベースでみれば、全然値段は下がっていないのです。
1970年の頃は、米ドルが300~360円の時代であり、
今は、土地価格は、ピーク時の1/4でも、
為替レートは約80円で、1970年代の約1/4の水準にあり、
米ドルベースの不動産価格はほとんど変わっていないのです。
このような観点からみると、円高の重さがよくわかるのでは
ないかと思います。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 教職員共済生協が全資産6000億円の内の1000億円をリスク資産に投資する方針だそうです。そのうちの最大で120億円をJリートにも振り向けるみたいです。
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAJF2M0YHQ0X01.html