きな臭い・・・

アメリカはフィリピンに原子力潜水艦を派遣
南シナ海や東シナ海にも空母を派遣しているアメリカ。
中国はフィリピンないしはベトナム領といわれてた
南沙諸島を実質的に、
手に入れていくような手法を
とっています。
豊富な地下資源が狙いともいわれています。
尖閣諸島についても同じような感覚のようです。
この行動に国益が害される可能性のあるアメリカが
石原東京都知事に、尖閣諸島の東京都による
購入を勧めたのではないかという憶測もあるようです。
オスプレイの沖縄配備を急いだのも理解できる状況です。


通常であれば、アメリカが空母を3隻もアジア地区に
派遣することはありません。

中国軍の艦艇も通告なし宮古島沖を通過しているそうです。
平和ボケしていた日本ですが、中国の動きなどには
注意を要するようです。昨年は、イランやアラブの春という
ことが日本でも報道されていますが、日本では上記のような
ニュースはあまり大きく報道されていません。
こうなってくると、世界経済への影響もさることながら、
日本としても中国という大きな市場を失うことも想定
しておく必要までありそうです。
アメリカの資本が、中国から逃避しているとニュースの
裏には、このような背景があったようです。
なかなか奥の深い問題で、難しいですね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。