冷静に考えて・・・・

ロバートキヨサキ氏の会社のひとつが破綻したことに関して、
キヨサキ氏がなぜLearning Annex (LA)に対して、
報酬の支払いをしていなかったのかが、この件のポイント

ではないかと思います。
最初からLAに報酬を支払うつもりがなかったということで
あれば、詐欺のようなものです。


このことは、日本でもいろいろなブログに取り上げられています。
書かれていることの多くは、ファイナンシャルインテリジェンスの
おかげで、金持ち父さんは守られたというようなものです。
はたしてそうなのでしょうか????
実際には、彼の名声は地に落ちるか、今後彼のセミナーには
人が集まらなくなる可能性もありそうです。
逆説的に、お金を守ったということで、セミナーの質を高める
ことも考えられそうですが、報酬の支払いもしないような
人のことを褒め称えるのはどうかと思います。
アメリカでは、トランプ氏も2度破綻しています。
しかしながら、彼は今も大富豪として、君臨しています。
このような点を考慮すれば、キヨサキ氏も大丈夫とも思われますが、
トランプ氏の場合は、銀行との契約事態がノンリコースローンで
あったことや、銀行と交渉して個人の資産を取り上げる前に、
彼の能力で、これまで運営していた不動産などの資産を
うまく運営してくれればいいという立場になり、復活をとげて
います。さて、キヨサキ氏の場合はどうなるのでしょうか・・・

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。