相場の考え方・・・

昨日は、久しぶりにカワハギ釣りへ行きました。
結局、私は2匹しかつれませんでした。
通常、カワハギ釣りでは、10匹くらいの数を釣る
つりです。しかしながら、潮回りが悪いことなども
あり、船中で合計で、50匹くらいしかつれていません。
約30人が乗船していたので、一人あたり、1.5匹くらいの
釣果です。
相場においては、どう考えるのでしょうか?


相場環境がよくない時には、まずはつりにいかない
(相場をやらない。)という判断があります。
次に、相場環境がよくなるまで待つというのも
相場のやり方です。つりにおいては、つり情報誌などで
状況が好転していることを確認してやるということに
なります。相場で長くやっていくには、相場環境を
重視してやるやり方は重要です。特に、自分が得意とする
相場手法が環境にあっているということを判断すること
です。
私の場合には、「成長株投資」という投資手法なので、
上げ相場が最適な相場環境であることは間違い
ありません。しかしながら、ボックス圏相場の場合には、
成長株の値上がりが目立つので、銘柄発掘には、
今のような相場環境のほうがいいということになります。
長くなりますので、この詳細については、
Last Tradingのブログのほうへ
書く予定をしています。
よろしくお願いいたします。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。