森永卓郎さんも・・・

不都合な真実という記事を書きましたが、
同じようなお話を、
経済評論家の「森永卓郎さん」も書かれています。


官僚の権化である「財務省」の経済学と、
日銀の経済学も批判されています。
今年7月に発表された消費税増税待ったなし的な
IMFのレポート
もIMFに出向している財務省の
お役人さまが書かれたものとささやかれています。
日本国債を売り崩そうとするようはヘッジファンドは
ごく一部です。日本国債が暴落すれば、米国債を
大量に買っている日本の金融機関なども売りに回るので、
米国債も暴落するし、大きな問題になるので、
実質的にはできない行為です。
アメリカ政府も黙っていないでしょう。。。
国民一人あたりの債務残高が、700万円以上あると
言われていますが、その裏には国民ひとりあたり、
1000万円以上の資産もあります。ただし、換金できない
公務員のたかる資産が国民一人あたり
500万円くらいあるという表現が
本当は正しい表現なのかもしれません。
公務員が悪いというのではなく、こうならないと
どうしもような状況にまでなっているのに、
何をやっているのということです。
このままいくと、戦前の軍部のように、何の責任も
とらない財務官僚などが、権益維持と自己保身のために
日本を破滅に導くようなことになることを恐れています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 世界との約束は守らないとね。
    日本は約束を守る国、こっちの方が大切では??財政再建のきちんとした計画は示すべきですが・・・社会保障を見直さないと何をやっとも上手くいかないのでは??

  2. 非正規社員 says:

    頑張ってください。
    ふりーパパさんの意見に同意です。
    ここの浜口さんと違って好感持てます。
    あの人は消費税増税して法人税減税して株さえ上がれば庶民なんて苦しんでもいいって悪魔みたいなのが嫌です。
    日銀黒田と財務省と公務員が憎いです。
    金持ちのボンボンの安倍には庶民の生活の苦しさがわからないのでしょう。
    消費税増税したら低所得者は消費しようにも金がない状態になりますよ。
    可分所得が確実に減るのに、日銀黒田は庶民を殺すつもりでしょうか?
    企業には税金をばら撒いてODAやら公共事業で助けるのに、労働者は切り捨てやすくして自己責任だと。
    社会保障も削減して自助だと。
    老後に備えて貯蓄しないと、いざとなったらなんで貯金してないの?自己責任だ死ね自殺しろです。
    ネットで自民批判を叩きまくってるネトウヨ共はそう言います。
    誰が金を使うのでしょうか?
    増税で景気悪化したら補正でばら撒いて成長を維持するのでしょうか?
    日銀黒田最悪です

  3. 水道局員が電車に座りたいからと、就業時間より前に帰宅って・・・
    これがすごいのが解雇にならない点。民間なら解雇です。
    しかも借金が増える一方なのに定時帰宅とは。早く公務員も能力給にすべきですね。