思い通りには・・・・

思い通りにはならないのが、相場です。自分の
相場観のとおりになるなんてことはめったに
ありません。


自分の相場観がそのままずっと当たり続ければ、相場を
一年もやれば大金持ちになれます。
相場観は、トレーダーにある程度は必要なもの
ですが、それよりもポジションを調整していく能力が
もっともっと重要です。
相場をやっていないような株式評論家は、相場観が
あたった場合には、自慢話をしますが、あたらなかった場合には、
何もいわないのが常套手段です。相場をやっている
ものにとっては、相場観が当たろうが外れようが
淡々とポジションをとる前に決めたことを実行していく
ことが重要になります。相場観が外れたにせよ、
その場合にどうするかを事前に考えておき、そのとおり
に行動できるかも大きな要素です。また、当たった際には、
その利益の最大化を図るような動きをすることも
重要です。少し高くなったような株価でも思い切って
買っていくような能力もトレーダーには必須な要素かも
しれません。特に、私のように、「買い乗せ」を得意と
するトレーダーがこれができないようでは、こつこつと損をして
ドカンと儲けることができなくなります。とはいっても、このような
状況になるのは、年に1~2回くらいしかありません。
今年は、年初にこのようなチャンスを生かせずに大きく
儲け損なっていろのはたいへん残念です。
また大きなチャンスは、年末までにありそうな気がしているので、
じっくりとやっていきたいと思っています。