不動産は売り時???

日本国内の不動産は売り時かもしれません。
23区内の中古投資物件は、利回りベース6~7%くらいでも
売れているようです。これまでは、8~10%くらいだった
ものがこのように大きく価格が上昇しているのです。


なぜこれほどの高値になっているかと
いえば、景気回復もありますが、
相続税の負担が大きくなるからです。
2015年からは、相続税の非課税控除枠が50百万円
程度まで縮小されることが大きく影響している
といわれています。不動産の相続税評価額は、路線価
で決まるものです。地域にもよりますが、
不動産の時価と路線価の乖離は、
20~40%程度あり、現金や金融資産で
持つよりも相続税評価額が下がるためです。
しかしながら、少子高齢化で不動産需要が減少する中で、
不動産を保有するメリットは大きく減少していくこと

想定されるからです。現状では、不動産を買うよりも賃貸のほうが
メリットの大きい状況にまでなっているからです。
ある意味、バブル的な状況になっている不動産を
売るべきタイミングにあるのかもしれません。
私は、徐々に日本の不動産を処分していく方針に変わりは
ありません。このような「税金」などの理由による
不動産購入意欲が増すような際には、売るのが
一番いいというのが私の持論です。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。