金利は安定・・・

今年5月に日経平均が15000円をつけた際には
金利上昇が心配されましたが、現在JGBの10年


金利は、0.6%程度とかなり安定して
きています。これは、日本の国債の信頼性が
増した顕れといわれていますが、株式市場にも
現水準が安定的な水準というレベルをもたらし
いるという説もあります。これまでは、日経平均が
現状の14000円レベルにあると、JGB10年金利は、
1%を超え2%に近い水準にまで上昇するのが
通常でした。来年4月以降の消費税増税効果を
織込んでいるかもしれません。いずれにせよ
株式市場も現状のレベルからの大きな暴落は
ないということになりそうです。