ソフトバンク株・・・

選球金曜日のアリババ株の上場で、想定よりも4兆円以上も大きい含み益のできたソフトバンク。しかしながら、今日の寄り付き状況を見る限り、アリババ株の上場は織込み済みという感じのソフトバンク株の気配値になっています。

アリババ株も今後数年の成長を織込んだ株価になっていることもあるのかもしれません。長期保有株として保有しないと、ソフトバンクは税金だけ前払いで支払うようなことも起こるので、アリババ株の売却はしないようです。こうなってくると、アリババの収益のみがソフトバンクの業績に反映されることになり、ソフトバンク株は、適正株価まで上昇しているという判断になるのかもしれません。