四季報先読み投資・・・・

9月に入りました。最近、今月中旬に発売される四季報の先読み投資が増えているような感じがしています。毎月1万円程度の会費が必要ですが、四季報出版会社のインターネット会員になれば、最新の四季報での企業の業績予想の状況が見られるので、安いものだということかもしれません。過去においては、私も彼らが発行する株式雑誌でランキングをみて投資をしていたこともあります。

証券会社のアナリストがカバーしないような小型株についてはこれが顕著なようです。今日、新高値をとってきた銘柄に関しては、そのような匂いを感じています。昔のように、四季報発売日に一生懸命に業績予想の修正を確認する投資法もありましたが、今ではこの投資法も死に体となっているようです。時代時代で変遷があるのがこのような投資法の特徴ですが、今後はどのように変化していくのでしょうか・・・・