変わりつつある中国・・・

日本との関係がギクシャクしている中国ですが、内部的にも改革が進みつつあろようです。中国の不動産バブル崩壊とかシャドーバンキング問題などいろいろいろな問題を抱えています。しかしながら、環境問題などについて、それなりの対処をするようになってきています。

今週の東洋経済の記事ですが、「染色の値段が上昇」というのがありました。その中で、世界一の染色大国、中国でも染色に使った汚水などを直接川に流すようなことに関して厳罰が適用されるようになったという記事があったのです。これまでは、経済優先で、その監視をしている官僚などに賄賂を渡せば問題なかったのですが、賄賂を受け取った官僚は逮捕され、そのような企業も厳罰を受けるようになってきています。

日本でも、1970年代後半に、チッソなどの水銀垂れ流しが社会問題化していたのが、これを罰するような方向へ転換したのが、先進工業国への原動力となったのです。これからの中国にも注目が必要かもしれません。