日経平均18000円

野村證券が年末の日経平均予想を18000円以上という予想を据え置いたようです。アベノミクスで大胆な経済債策は出てこないもののGPIFなどの株価対策の買いが入り、高値を超えてくるような予想になっているようです。もちろん、日銀の更なる金融緩和も想定されているようです。

安部政権のアキレス腱ともなっている株価なので、どのようなことをやってでも株価を維持したいという意図があるようです。株価は原則、業績などのファンダメンタルによって維持されるものであり、株価対策だけではどうかと思いますが、いかがなものでしょうか・・・・