パンドラの箱・・・・

APEC会議も終わり、安倍首相が解散総選挙を決断したようなニュースがでてきています。上場企業の半期決算の発表がほぼ終了しましたが、内需のデフレモデル型の企業は、ダメダメ状態になっています。しかしながら、輸出関連株は円安の恩恵が大きくでてきたという状況になってきています。

APECの場で日本の更なる金融緩和について、米国の追認を受けたような感じで、116円台にも乗せる動きになってきています。解散総選挙についも、「消費税増税の先延ばし」を発表してからの解散総選挙になるようで、自民党は負けるようなことはなさそうです。

この選挙で、自民党が大勝するようになれば、円安・株高の流れが一気に起こりそうな雰囲気になってきています。大企業が潤うようになってきたこともあり、TOYOTAの「乾いた雑巾を更に絞る」方式の下請けいじめのようなものも、緩和されてきたというような話もでるようになっています。10年国債の金利動向をみていても、日本国が破綻するような値動きではありません。

これまで、2014年の年末に日経平均が18000円台で終えるような想定はしていませんでしたが、ここにきての慌しい政治の動きもあり、米ドル120円、日経平均18000円というシナリオもありそうな感じの相場になるかもしれません。どちらかといえば、資産を「もだざるリスクが高まった。」ということかもしれません。

 

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する