115円はさすがに・・・・

麻生財務大臣でさえ、米ドル115円は行き過ぎというコメントを出しているようです。110円は円安でないというコメントも出したようなのですが、不思議な大臣です。消費税増税のためならなんでもする財務省の姿勢のあらわれかもしれません。

日銀の追加金融緩和についても、日銀の内部では喧々諤々の議論があったようです。今後については、更なる金融緩和に関しては、もうできないという想定もでてきているようです。

株価対策に万全を期している安部政権ですが、株価というものは、将来の業績を織込むものであり、期待相場だけでは長期的な観点からは微妙になります。今期については、経常増益10%は達成できそうな雰囲気になっており、日経平均が16000円割れることはなさそうですが、来期の状況を織込む状況になってくる12月以降の相場がポイントかもしれません。

消費税の更なる増税については、慎重論も出始めていますが、日経平均が17000円台を維持されるようであれば、阿部首相も決断せざるを得ないというのが通説のようです。さてさて、どうなるのでしょうか・・・・・

この話とは関係ありませんが、アマゾンでも私の書籍の予約販売が始まっているようです。過去30年を振り返っていろいろと書いてあります。特に、投資をするマインドの重要性がご理解いただければと思っています。「リッチになる方法は、投資をする以外にない、」ということです。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。