スカイマーク

報道によれば、スカイマークの支援するとしたインテグラルは、つなぎ融資などを提供するにとどまり、エアバスとの係争の資金については、目処がついていないような状況のようです。LCC事業への参入が増えて、事業環境の大きな変化がもたらしたスカイマークの破綻の余波は、他のLCCにも及ぶのでしょうか?羽田空港の発着枠はドル箱とも言われているようで、スカイマークは、この枠の維持をできるかが再生のポイントとも言われています。

一方で、JALなどは、今期来期とも増益基調を維持して、株価も右肩上がりに推移しています。ANAは国内航空業界において、売上規模では日本一ですが、収益率が低く時価総額では、JALの後塵を拝する状況となっています。JALのように倒産後再生されたことによるメリットを享受して大きく復活しましたが、スカイマークの再建ができるのかは、未だエアバスとの交渉いかんという状況に変化はないようです。