ECBもQE

昨晩、ECBのドラギ総裁が、量的緩和を発表しました。想定したよりも、若干多い金額(毎月600億ユーロ:約8兆円)でした。QE額が想定よりも多かったこともあり、ユーロが対米ドル、対円でも急落しています。急落後の戻りも鈍い感じの値動きとなっています。しかしながら、株式市場では好材料と受け取られて、DAX指数などは大きく上昇しています。

ユーロに関しては、昨年10月末の日銀の量的緩和第2弾発表後、円安になっていましたが、第2弾発表前のレベルまで戻ってきており、ECBのQEの発表で、いいところまで調整されたという感じになってきています。

日本株についても、ECBのQEは好材料になると思われますが、ある程度の戻りはあるものの日経平均が高値を更新していくような状況にはならないと想定されることもあり、絶好の戻り売りのチャンスともなりそうです。

日本株市場については、全般的に調整色が濃い状況、特に高値を取ってきた銘柄が調整が長引くような状況となっているので、個別銘柄の値動きをみながらポジションを減らして行く方向で対処していこうと考えています。これで、世界の金融市場での大きな政策転換などの動きはしばらくない状況でもあり、日経平均も、しばらくは、16600~17600円くらいのボックス圏の値動きになりそうです。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。