さてどうなる・・・・

世界中で問題は山積しています。しかしながら、そのような中でも株式相場は動いていきます。特に、リーマンショックという大きなベアマーケットが数年前にあったこともあり、投資家は慎重姿勢を崩していません。しかしながら、株式市場というものはこのような状況が普通です。今、現時点では世界中で、お金をすりまくっています。現金の価値が下がり、不動産や上場株式の価値があがるのは当たり前なのです。

ちょっと慎重になるべきなのは、個別銘柄を買う時なのです。インデックスファンドなどは、毎月積み立てていくような投資のほうが、手間もかからず効率がいいのですが、個別銘柄ともなると、倒産のリスクはあるし、割高な際に買っては大損することが多々あるからです。

現時点で、今年のみということで、考えるとインデックス投資のリターンに負けています。去年から購入して、ホールドしていた株の利益がなければ、大負けしています。去年もそうでしたが、5月中旬までの私の投資リターンは酷いものでしたが、それから3ヶ月で、大きく儲けることができました。

今年に関しては、これから状況のいいマーケット環境になるのでしょうか・・・・私が投資している3銘柄は、2銘柄が、含み損、1銘柄が含み益になっています。トータルはプラスですが、含み損の2銘柄をどう処理するかを考えています。買ったすべての銘柄が儲かるというのは、投資の「大天才」ですが、私のように打率3割でも大儲けするのが、普通の個人投資家の姿ではないかと思っています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。