どうしてだろう・・・・

TOPIXの月足チャートをみていると、TOPIXはまだ7年前の高値(1800ポイント)まであと20%以上上がらないと2007年の高値を抜くことができません。日経平均はすでに18500円となっており、ITバブル以来の高値です。ユニクロ株やソフトバンク株の寄与度の高い日経平均が歪な状態を作り出しているとも言われれています。

また、内需関連も多いTOPIXの戻りが鈍いというのもうなずけます。去年四月の消費税増税移行、大型消費材である不動産や自動車の売れ行きが悪くなっているし、介護関連などの銘柄も冴えません。今年1月に入り、内需もある程度戻ってきたというような話しもありますが、あまり景気回復の実感がないという話しが多いので驚きます。

三井不動産の業績推移をみていても「絶好調」という感じなのですが、株価は1年以上日経平均をアンダーパフォームしています。日経平均だけみていると株式市場が絶好調というような感じもするのですが、細かくみると、まだこれからかなという感覚もあります。さてさてどうなるのでしょうか・・・・

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。