確定申告

GomataroさんとJackさんが株式売買益に関する「確定申告」のことを記載されているので、突っ込んでおきます。株式売買益を「事業所得」でやるべきだというご意見に関しては、意味不明だし疑問を感じます。私は、過去10年以上、株式投資に関する株式投資をしてきましたが、株式売買益を事業所得としたことはありません。通常は譲渡所得して処理すべきものです。

このようなことをすると、儲けの額によっては、税率は最高税率に達して、社会保険料まで大きく変化するからです。数社の証券口座を使っていても、特定口座で源泉処理を選択しておけば、社会保険料もミニマム金額に抑えられます。

各証券口座の年間の売買金額合計と、その取得費用の合計を集計して、差額が利益となるような記載をするだけのことです。デイトレーダーなどは、100億円近い取得金額などを記載することになるので、びっくりしますがエクセルなどを使って集計すれば簡単です。こういう際には、2chの情報などを利用することもお勧めです。たまに、間違った意見をしている人もいますが、概ね参考になります。

私は去年分から「非居住者」としての確定申告をすることになりますが、こちらのほうが面倒です。なので、去年から日本の個人口座での株式投資はしないようにしています。不動産所得はあるので、日本でも確定申告義務があります。

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。