確定申告2.5・・・・

個人の場合には、株式とかFXを投資業などの「個人事業」としては認めないのがおかしい部分もあります。会社で業としてやるようになると、事業所得になります。しかしながら、行政的には、このような売買業は銀行や証券会社にしか認められないものとなるので、銀行や証券会社以外の会社が業として証券などの売買をすると、処理は「営業外収益」という扱いになります。

個人の場合には、優遇税率があるので、これを利用しない手はありません。税率約20%といえばかなり低い税率であることを忘れてはなりません。ニュージーランドでは、キャピタルゲインタックスはない(課税されない。)ということになっていますが、デイトレーダーや年に数回でも証券の売買で儲けを出した場合には、通常の所得として申告しなければなりません。唯一、株を買って数年間放置した後に売却して利益がでた場合には、キャピタルゲインタックスが課されることがないのです。ニュージーランドでは、証券の売買を個人でやっても業として認めているような認識があるからのようです。

日本の場合には、証券市場の活性化や個人資産の形成などの目的のための優遇措置もあり、これまでは、税率で例外的な扱いを受けてきていますが、今後は総合課税に移行する可能性も高いので、儲けられるうちに儲けることが重要なことになるかもしれません。

不思議なこともありました。その昔(1993年頃)、商品先物(小豆相場)で数億円の利益を出した人に対する税率は、個人所得の最高税率(50%)が課せられていました。この人は、商品先物での所得を申告せずに隠しており、脱税であげられてニュースになったので、鮮明に記憶しています。今は、株式や商品先物やFXすべてが、先物取引として優遇税率を適用されています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。