武田薬品の訴訟

武田薬品が、22億ドルの和解案を提示しています。株価はそれほど大きくは反応していません。今後もこの訴訟の影響は続くと思いますが、株価への影響は軽微となる可能性が高いということを示唆しているようです。

株式市場は、全般的に買い基調が続き、決算末も超えてこれからが本番というような状況になってきているかもしれません。