現場の疲弊・・・

ワタミやマクドナルドの現場が酷くなっているようです。客が来ないからコスト削減で人を削る、人を削るから現場は酷くなり客は来ない。このような店舗の現場は、たいへんな状況になっているという話しが出ています。「すき家」を運営するゼンショーも同じような状態のようです。会社が、収益第一主義に陥ってしまうと、中長期では現場が機能しなくなることがよくあります。

ワタミの決算をみても、ズタズタの現場が想定できます。去年の四月に高級路線へ転換するといっていたものが、今度は再び値下げをして客を呼び込む戦略に変わっているのです。現場の大混乱が目に見えるようになっています。

投資家としては、このような現状を冷静に判断することです。3年ほど前に「チカラめし」で有名になりかけた会社がありましたが、一度お店に食べに行って驚きました。人手不足で、完全に回っていない状態でした。そのお店の店長は、2日も自分一人で回していたので、誰か代わりはいないかという電話をしていたのを聞いて驚いたのを記憶しています。

上場会社でもこんなことをするのかと驚いたものですが、その後「チカラめし」は急速に勢いを失い、運営会社である三光マーケティングも赤字に陥っていきました。このようなことはちょっと見ればわかるものですよね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。