スポーツと音楽・・・・

20年前と比較して、世界で、スポーツ市場は、経済的に20倍以上に成長している一方で、音楽市場は、半分程度になっています。このような原因として、音楽は、たとえば、ギターがめちゃくちゃうまいとかっていっても、最近では、コンピューターに楽譜を読み込ませれば、簡単にギターの音が出て再現できます。小学生でも、コンピューターを使えば、作詞作曲もできるし、いろいろな楽器をミックスして音楽をつくることができます。スポーツの場合には、このような道具を使わずに、一定のルールのもと人間の限界を競うというのがいいのかもしれません。

例えば、1980年代にカールルイスがプロ化に拍車をかけた陸上競技。それまでは、陸上競技ではプロは存在しませんでした。今では、世界中で陸上競技会が開かれるようになりました。一方、音楽はボーカルでも、カラオケの普及などでアマチュアでもプロ並みに歌を唄う人が増えたことや無料で音楽を聞けるYOUTUBEなどの普及も大きいのかもしれません。

なぜ、このようなことを書くかと言えば、市場規模が大きくなるような市場に投資することが重要であるからです。いくらギター演奏がうまいとはいっても、それで食える人はほとんどいないという現実を知ることです。もちろん、スポーツも同じですが、市場が大きくなっている分いいという事実です。投資においても、このようなマクロ的な考え方は重要です。ミクロ的な視点も重要ですが、マクロ的な視点でもみる力をつけると役に立つことが多いものです。

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。