大手証券は強気・・・

週末に、日本の大手証券会社の今期の業績展望レポートを読んでいました。今期の業績についてもかなり強気の内容が記載されており、やはり株を買わせる側の論理だとこうなるのかなと感じています。リーマンショックが起こった2008年の年初にも、同じようなレポートを読んだ記憶があります。

当時も企業業績は絶好調であり、株価は現在下がっているが、今後大きく上昇する可能性が高く、日経平均2万円は通過点であるというような内容でした。結果的には、リーマンショックが起こり、2008年3月には、史上最高益を更新していた日本の大企業群だったのですが、2009年3月には、大半が赤字化するという状況になったのでした。日経平均も年初の16000円からリーマンショック後には、瞬間的に7000円割れ寸前まで株価が下がるというような状況になったのです。

今期については、大企業も中国経済の停滞や円高で、経常減益になる可能性が高いと考えられ、今月末から始まる企業業績の発表時の今期の業績予想がどうなるか見極める必要がありそうです。GW明けまで、あまりポジションを持たずに大人しくしているのも一つの方法かもしれませんね。

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。