PANAMA文書の流出

日本ではほとんど報道されていない「PANAMA文書」の流出。PANAMAの大手法律事務所の情報が流出しています。その昔、日本の船主が、便宜置籍船ということで、パナマに多くの会社を設立して、船を登録していたこともあります。

今回のものは、税金の回避やマネーロンダリングに使われていた可能性が高い会社が、たくさんあるということで、世界の当局が調査を開始しているようです。日本関連のものは少ないようなので、あまり大きな報道がされていないのかもしれません。スイスのUBSなどのプライベートバンクの口座には、日本人の名前も多くあったのに比較すると、扱いに大きな違いがあるようです。

中国では、このニュースについては、報道管制がひかれているようです。習近平氏の親族の名前がそのリストにあることなども影響しているようです。このことが公になると、同氏の立場が厳しくなるということのようです。このようなことも最近の日経平均の下落に影響を与えているという話しもあるようです。

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。