カウンター・パンチ

アキュセラが本当にピンチなのかもしれません。開発中の薬品の治験で効果が見られなかったという発表後、連続ストップ安で株価が急落していましたが、その後SBI証券などが同社株を売っていないというようなことを発表して株価は持ち直していました。しかしながら、同社の大きなスポンサーとなっていた大塚製薬が、同社との薬品開発及び販売の契約を終了する旨の通知を受けとったという発表をして再び株価は急落しています。同社の株価は、カウンター・パンチを受けて、ノックダウン寸前の状況とも思われます。

同業のそーせいも業績不透明な面が出てきていることもあり、バイオ関連が全般的に不透明な投資投資環境となってきているのかもしれません。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。