年間収支で考える・・・・

DUKE。さんが、書籍を出します。彼の場合には、1勝4敗でも勝つ株式投資と命名されています。ということは、勝率2割ということです。私の場合には、1勝2~3敗くらいで勝つという成長株投資法で、どちらかと言えばホームランよりも2塁打、3塁打を打って儲ける方法ですが、彼の場合には、大きなホームランを打つという儲け方となっています。オニール氏の投資法というよりも、オニール式を発展させた投資法であるミネルビィニ氏の投資法に近いかもしれません。

これは、投資家としての資質の違いとも言えるかもしれません。例えば、イチロー選手は、ヒット数で世界記録を達成していますが、王選手のようなホームラン数で世界記録を達成する人もいます。本人の体質や性格にあった投資法で儲ければいいということです。

成長株投資においては、選択銘柄での勝率は低く、当たり銘柄で大きく儲ける投資となるので、収支は年間ベースで考えることをお勧めします。儲かる時はもの凄く儲かる投資法ですが、大損する可能性もある投資法であり、年間収支で物事を考えるようにするとうまくいくようになります。

私の場合には、個人の場合には、1月から12月までの収支で考えています。但し、会社の証券口座では会社の決算期で、考えるようにしています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。