首都圏の空室率・・・

日経新聞に首都圏のアパートの空室率のニュースが掲載されています。この記事の表現として面白いのは、「30%くらいが適正な空室率」ということです。知り合いの不動産業者に聞くと、東京都の中心部でも10年ほど前に、10%くらいだった空室率が、現座は20%程度まで上昇してきているという感覚があるそうです。東京都の空室率34%の中には、もうアパートとして使えないような物件が含まれている統計でもあり、実際の感覚では、5室に1室が空室という感じのようです。

空家問題の中には、全部で10室あっても1~2部屋しか稼働していないような老朽化アパートという問題もあるようです。適正な空室率であれば、部屋を借りる側には大きな選択肢がうまれて、家賃も値下がりが続くのは間違いありませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。