ベア型ETF・・・・

日経平均の下げをヘッジするために、個人投資家はもっとベア型のETFを活用してもいいのかもしれません。また、野村や大和が設定しているベア型2倍のETFは、成長株投資のヘッジに活用することもできそうです。単に、日経平均連動ETFを空売りするよりは、空売りに関するアップティックルールの適用もないし、単に買い注文を出すだけでよく、空売りのような問題がありません。

今後も下げ相場が続きそうな雰囲気もあるのですが、個人投資家は、日経平均先物の収益と、株式の譲渡益の合算ができない状況でもあり、有効に上場ETFを活用するといいのでしょうね。もちろん、ETFの信託報酬などのコストが必要であったとしても、税務上合算できるメリットはかなり大きいと言えます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。