マーケットインパクト

私も最近の高速取引によって、マーケットインパクトが増加しているような感じがしています。東証は、出来高が増えればいいということで放置プレイのようですが、日本の大手証券も全社高速取引を稼働させており、斎藤さんの主張する点も理解できます。但し、デイトレーダーが増えているというよりも、デイトレーダーは減少傾向になり、証券会社の高速取引がこのような事象を起こしているのではないかと考えています。大手証券は、取引手数料が減っているので、高速取引で儲けようという動きになっているとも言われています。

東証は、出来高ベースで手数料収入が入るので高速取引を規制する方向にはないようですが、中長期の投資家からみれば、極めて遺憾なものとも思われます。日本の投信会社などもトレーダーを雇うよりも、諦めてVWAPによる注文を出すのが通常モードとなっているという話しも聞きます。株式市場は、やはり中長期の投資家がいないと成り立たない市場なので、アメリカでも規制が始まっていますが、さてどうなるのでしょうか?

ようやく、規制に関する議論が始まるような感じとなってきています。個人投資家が、カモにされるのもどうかと思うのは私だけではないと思います。

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。