投資家の高齢化問題

団塊世代が、70歳を超えてくるようになり、これまでの長期投資の姿勢が変わってきているという話があります。この世代は、長期に株式投資をしてきたのですが、楽しむためにも株を売って、いろいろな資金として利用するような動きが強まっているというような調査があるようです。年金収入も十分にある世代なので、とても恵まれている人たちです。

趣味のように株式投資をしている高齢者もいるようですが、このような人は少数派という話もあります。昔のように、大型株を中心に投資をする投資家の数は減少傾向をたどっているということもあるようです。特に、配当で人気の高かった電力株が、原発事故でボロボロになってからこのような傾向が強まっているようです。若い投資家たちは、優待投資などを中心としており、現状大型株への投資家は、日銀を中心とする機関投資家のみなのかもしれませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。