キャッシュ・ドッグ・・・・

オークランドの帰り、シドニーの空港で、「麻薬探知犬」ならぬ「現金探知犬」に会いました。空港の登場待合室で、搭乗を待っている際に、現金犬(キャッシュドッグ)が登場しました。驚きでした。たまたま私の財布の入っているポケットを現金犬にチェックされて、警察に質問をされました。私は、現金は持ち歩かない主義で、たいした金額は入っていなかったので、問題はありませんでしたが、インドネシアルピアの臭いがひっかかったのかもしれません。犬種は、ラブラドールでした。

tanchi

(イメージ写真)

マネーロンダリング目的で、巨額の現金を持ち出すような人が増えているから、このようなチェックが入るようになっているようです。