売り時・・・・・

もう、先々週のお話になりますが、私もコラムを書いている「満室経営新聞」の忘年会に参加させて頂きました。面白かったのは、もう約10年の月日が過ぎており、忘年会に参加されているメンバー(大半が不動産投資家)の「高齢化」が進んでいることでした。加えて、多くの著名不動産投資家が、永久に保有するといいうような話をしていた物件を、去年から今年にかけて、売却をしているということでした。

私も、過去3年で、日本とNZの投資不動産を合計で、5物件を売却しています。不動産価格の値上がりなどもあり、売り時という判断をしているからです。かなりの売却益になったものもあります。現在ももう少し処分していこうかと動いている状態です。

不動産であっても株式であっても必ず売り時というものがあります。このような売り時を逃さないことが、投資家としてとても重要な要素です。