110円割れるか・・・・

為替が円高に動き出しています。追っかけるように、日経平均も大きく下げています。3月中にも、米ドルの110円割れがありそうな感じとなってきています。そうなると、日経平均も18000円~18500円程度まで調整されることも想定しておいたほうがよさそうです。

速さは努力に勝る・・・・

動きの早さが努力に勝るというお話です。相場においても、相場の分析などに努力をする人が多いと思いますが、すばやく動作をすることのほうが重要と思うことが多々あります。特に、損切りに関しては、早めに動くことが重要です。

私が講師をしている投資塾でも、「迷ったらポジションを落とす。」ということを教えています。迷うということは、すでに、ストレスがかかっているということなので、このストレスを軽減するには、ポジションを落とす必要があるという結論です。

否決・・・

トランプ大統領のオバマケア代替案が、議会で評判が悪く取り下げされました。 トランプ大統領が、挫折を味わったのでしょうか・・・・

米ドルは110円台まで・・・

米ドルが110円台まで売られています。110円を割れてくるにはもう少し時間がかかるような感じがしています。私の想定は、4月中旬には、米ドルは、105円~110円のレンジのやや円高相場となることを想定しています。そうなると、日経平均は、18000~18500円くらいでしょうか?今年は、これ以上の円高は想定していないので、落ち着きどころのような感じがしています。

東芝の闇・・・・

WHを引き取った東芝が、WHと運命を共にするようになっています。アメリカにだまされたという話もでていますが、うまくいく可能性もあったのですが、やはり「フクイチ事故」の影響が一番大きかったようです。

NY市場急落・・・・

NY市場が急落しています。トランプ大統領の減税などの政策に不透明感が漂ってきているのでしょうか?アメリカの金融関係者への報酬問題も取り沙汰されているようです。日経平均先物も、19000円を割れてきています。しばらくは、調整局面になるのでしょうか・・・・

そろそろ変化????

何となく、円高になりそうな感じがしています。来月には、米ドルが110円を割れそうな感じがしていますが、さてさて、どうなるのでしょうか????

春分の日・・・・・

今日は、日本の祝日である春分の日です。ふと、日本のカレンダーをみて、日付が赤くなっているので気付きました。

G20は無事終了しています。G20の会合で、トランプ大統領の中国訪問が前向きに検討されているという「いいニュース」もありました。北朝鮮問題で、アメリカ、韓国、中国、日本などの関係悪化が、取り沙汰されている状態なので、いいことだと思われます。北朝鮮情勢も予断を許さない状態かもしれないので、このようなことにも注意が必要ですね。

保護貿易???

G20で、トランプ大統領の意向が通り、今回のG20では、自由貿易を推進するというような文言が省かれたようです。世界的に保護貿易主義的な政策に回帰していくのでしょうか?日本の自動車産業など、輸出を牽引している産業にとっては好ましくない方向性になってくるのかもしれません。

今後想定される状況としては、日本とアメリカの貿易協議などで、貿易不均衡や為替レートなどについて、話し合いがなされる可能性を考慮しておく必要がありそうです。

トランプ政権下初のG20・・・・

トランプ大統領になってはじめてのG20が開催されています。あまり、大胆な話はないようです。ただし、米ドルは、112円台まで円高となっています。