決算発表が本格化

来週から、第一四半期の決算発表が本格化してきます。業績は順調に推移している会社も多く、自動車関連の好調さが確認されるかもしれません。米ドルの為替レートも、110円台で推移しており、概ね良好な決算となるのでしょうか?

円高・・・・

米ドルが、111円台まで売られています。一方で、NYダウは、最高値圏で動いています。さて、今後の流れは変わるのでしょうか????詳しくは、今日のメルマガで・・・・

上抜けしない米ドル

114円台まで、上抜けをしていた米ドルは、112円台まで戻ってきています。しばらくは、三角保ち合いの均衡状態が続くのでしょうか?NY株価も高い状態が続いていますが、不安材料も少ないようです。

簡単にはいかないのか?

米ドルが、114円を超えてきていましたが、113円台まで押し戻されています。ユーロも129円台に戻ってきています。今後も、円安に動くかどうかは不透明な部分もでてきそうです。株式相場全般に、大きくは動かないような感じとなりそうです。

国会議論が・・・・

国会の閉会中にもかかわらず、加計学園に関する証人喚問のようなものが行われています。不思議な光景のような感じがしますが、国会閉会中にこのようなことが開催されるのは珍しいことです。結局、なんとか学園事件というのは、天下りを指摘された文科省で、内部でテロを起こしている話もあるようです。今後も学校等の認可などに関しては、いろいろとフェイクニュースも含めて、いろんなことがでてくるのでしょうか?

喜ぶのは、ワイドショー関係者で、このようなことをテレビのネタにして、視聴率が取れるのはラッキーというのが、本音かもしれません。

人口の減少・・・・・

日本の人口(正確には日本国籍を持つ人。)が大きく減少し始めています。但し、これは海外からの移民の数を含まない数字です。実際に、外国人労働者は、100万人を突破してきています。ニュージーランドでは、労働ビザを保有する人も、人口にカウントするために、毎年、1~1.5%程度増えています。このような統計をみるにつけ、ちょっと違うよねと感じる今日この頃です。

現在の市場環境・・・・

NY市場も、日本市場も「高値圏」の値動きという感じとなっており、いつ調整が起こってもおかしくないような感じもしますが、比較的強めの推移をしています。現状では、不安要素は、あまりないような感じとなっていますが、投資家としてできることは、自己のポジションを調整することのみということを忘れないようにしたいものです。

円安なの????

G20が行われている最中に、円安が進みました。米ドルは、114円をつけて、ユーロも130円をつけています。その後、戻しつつありますが、チャート的には、円安に抜ける可能性がでてきているようです。円高予想をしていた私としては、はずれという感じです。

明日は明日の風が吹く・・・・

日経平均は、2万円を割れています。世の中ではいろいろなことが起こります。最近の個人投資家は、あまりに情報過多で、ちょっとしたことでも、いてもたってもいられなくなる方が多いようです。しかしながら、上場している企業の活動は、毎日のように続いています。日々の株価の変動に踊らされないようにすることも重要です。

NYダウ史上最高値更新中・・・・

NASDAQなどより、少し出遅れていたNYダウが、史上最高値を更新中です。今後、どうなっていくのかは、不透明ですが、高値波乱がおこりつつあることは忘れてはならないのかもしれません。