絶望の党か????

小池東京都知事が、党首となった希望の党に、民進党が合流するということなっています。合流とはいっても、企業で言えば、合併という意味のようです。お金のない希望の党と、お金はあるけど人気がない民進党との合併です。よくわかりませんが、日本国民にとっては、絶望の党となったのでしょうか・・・・

円安の流れ???

久しぶりに、米ドルが113円台をつけています。年末に向けて、円安相場となるのでしょうか?トレンドラインを上抜けてくると、115円台の円安相場も想定される状況になります。チャート的には、バランス点が、111円くらいになっているので、少し円安の流れに傾いているのかもしれません。

昨日は、中小型のエレクトロニクス株などが買われており、円安が、これらの企業の追い風になることが示唆されているのかもしれません。

小池首相・・・・

小池都知事が、小池首相になるべく動き出したのでしょうか?都知事の公務をキャンセルしまくって、希望の党の党首として、発言を繰りかえしています。衆議院選挙を早めたことで、とんでもない状態になることも想定されていましたが、民進党は、解体して希望の党に鞍替えする議員が大量に出るようです。

一方、選挙資金のない「希望の党」にとっても、民進党が政党助成金という軍資金を持参して、選挙に参加してくれるのは、心強いのかもしれません。

さて、日本の政局もとんでもない方向性となってきています。日本経済の先行きにも暗雲が垂れ込める状態とならないことを祈るばかりです。

国政選挙・・・・

安部総理が正式に、衆議院解散総選挙を発表しています。仮に、安部政権が倒れると、何が起こるのでしょうか?自民党政権が続くことは間違いないと思われますが、少し考えておくべき問題かもしれません。

安保法制の問題が、大きな争点となりそうですが、経済面では問題がないので、消費税の使途問題はあまり大きなことではないかもしれません。目の前の危機である北朝鮮問題をどうするかについては、真剣に考えて投票する必要性がありそうです。

借金15兆円作戦???

ソフトバンクの借金が15兆円にもなっています。大半が企業買収資金として用いられています。ソフトバンクが嫌うのは、税金の支払いです。これが成長を一番阻害するものと考えているのかもしれません。一時期、アマゾンなどもそのようなことをしていました。赤字をためにため続けて、会社が成長期となるまで、税金の支払いをしないで済むようにしていました。

買収した各事業会社は、税金を支払っていますが、ソフトバンク本体(単体)はたいした税金を納めていません。買収した会社のれんの償却などの利用をしたりして、税負担を極力減らしているようです。世界中で低金利なので、借入金の金利は、あまり負担にならない状態だからです。このあたりが、ソフトバンクマジックかもしれません。

 

宣戦布告・・・・・

米国が北朝鮮に宣戦布告をしたというような北朝鮮外相の話が流れたことなどから、円高となっています。微妙な状況が続きそうです。

微妙な感じ・・・

週末にも、トランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン氏の「舌戦」があったようです。今後もこのような状況が続きそうですが、本当にトランプ大統領の日本訪問まで、何もないとは言えない感じもあります。日本の総選挙までに何かある可能性も考えておくべきなのでしょうか・・・・・

世界的なスポーツブームの終焉???

2028年のオリンピックの開催地が、ロサンゼルスと決まりました。過去においては、このような11年後のオリンピック開催地が、決められることはなかったようです。オリンピックを開催するコストが大きくなりすぎて、開催都市に立候補する都市がなくなっていることが要因のようです。

これまでは、無尽蔵に拡大してきたスポーツ市場ですが、コスト高などが響いてきているのでしょうか? スポーツウェアのナイキの株価をみても、2016年に天井を打ったような株価推移となっています。数年前ほど、超一流スポーツ選手の年棒が高くなったようなニュースが聞かれなくなりました。

日本では、音楽などの芸術系の市場は、1990年代から縮小し始めていましたが、サッカーなどの隆盛などもあり、2015年くらいまでは、日本のスポーツ市場も拡大基調にあったようです。

アメリカでもジョギングやマラソン系のブームの終焉やゴルフブームの終焉などがあるようです。一部では、スマホゲームなどの世界的な流行で、スポーツ市場も影響を受けているという説もあるようです。

 

フェイクニュース???

サンデー毎日に、「低糖質ダイエットは、死亡率を上げて危険」なる記事がありました。私の尊敬する江部医師は、即座にこの記事を否定していました。確かに、この記事に用いられているデータが、おかしいということになります。どうやらフェイクニュースのようです。

最近では、糖尿病学会でもようやく、低炭水化物ダイエットを、糖尿病の治療に導入する動きがでてきたようです。江部医師のブログに、糖尿病患者が減ってきたのは、やはり炭水化物の摂取量が減ってきたらからではないかということも記載されています。

このようなフェイク記事に近いようなものは、加計学園の問題や原発事故の放射線などにも用いられる手法であり、きちんと理解する力が必要なようです。

北朝鮮有事と国政選挙

北朝鮮が、再び水爆実験を公言するなど、北朝鮮有事が発生する可能性が高まってきているようです。また、週刊誌などをみると、衆院選挙で、自民党が負けるような記事も見受けられます。どちらも株価には、悪材料となりそうですが、さてどうなることでしょうか?