昨日から・・・・

西洋社会は、もう休暇モードへ突入しています。12月22日まで働くのは、かなり少数派です。昨日から、1月15日くらいまで休みを取って、のんびりと過ごすのが大多数な西洋社会です。ニュージーランドでも、お休みモードが蔓延しつつあります。

レストランなども、1か月程度、お店が休暇となることも多々あります。やっているのは、観光客向けのレストランが主流になります。このあたりは、西洋と東洋文化の違いとして理解するしかありません。

今週から世界中の株式市場も、お休みモードへ突入と考えてよさそうです。

株式投資(投機)で儲けるには・・・

リバモアの株式投資術という書籍を読みました。黎明期の株式市場で取引をしていたリバモアは、ティカーを読むだけで、すべてが読めたようです。それくらい熱狂しやすい市場であったのかもしれません。このような時代があったのかと思いますが、現在のビットコインがこのような状態であることをみると、時代が変わっても、変わらないのは、人間の欲というものかもしれません。このような時代に、リバモア氏のような天才投機家がいたのが、凄いですね・・・・

riba

よくも悪くもトランプ相場・・・・

去年の11月にトランプ氏が大統領となることが決定し、大統領に就任後も世界中で注目されていました。いろいろな問題を抱えながらも、就任2年目を迎えようとしています。米国株は、史上最高値を大きく更新ししてきています。経済的には、トランプ大統領の法人税減税などは、米国経済を活性化させることになるということかもしれません。

昨日、FRBの利上げが決定されていますが、円安というより円高方向へ動きつつあります。来年も、年間3回の利上げが想定されているようです。さすがに、株式市場にも影響が出てく可能性も考えておくべきかもしれません。それでも、1年で3回、合計0.75%の利上げとすれば、大きな影響がないという想定もありそうです。

プロの真髄とは・・・・

野村監督の私の履歴書が、面白い。プロとしての考え方が、尊敬できます。

23000円にはいかせない・・・・

日経平均23000円については、そこに壁を作りたい投資家層がいるのでしょうか?市場関係者の話によると、この壁を抜けられると、困るような投資家がいて、それを阻止しようとしているような値動きじゃないかという話がでているようです。

個別銘柄の投資家にはあまり関係のない話ですが、あと数日もすれば、日経平均は、23000円を超えてくるように感じています。その後は、しばらく横ばい推移が想定され、大納会は23000円台で終わるシナリオを想定しています。

再び23000円乗せするか???

今日、先月以来の23000円乗せがあるかどうかをみています。為替も落ち着いているし、来年もこの調子で、25000円レベルまで、日経平均が上昇する相場となるのでしょうかね・・・・・

相場は踊る・・・・

元ドイツ証券の武者氏が、今後の相場シナリオについて、記載しています。さて、預金から投資への資金移動が起こるとなると、日経平均が3万円となるのも時間の問題かもしれません。個人投資家も、株式投資をしないリスクを感じ始めているのが最近の流れかもしれません。

株式投資は危険・・・・・

株式投資は、「危険」だから止めておけ。というようなことをいう人がいます。確かに、綱渡りをしている人をみたら、危険だというようなのと同じかもしれません。勉強もしないで、人から聞いた話で、株を買ったら、そこが天井で、大損をするようなものでしょうか?

株式投資では、ある程度のことは事前に勉強をして、実践をしながら、また勉強をしていくようなことが必要になります。よく、修羅場をくぐらないと一流になれないという表現をする人がいますが、そのようなことはありません。うまくいく人は、最初からうまくいきます。これは、株式投資を「ばくち(ギャンブル)」と考えている人の考え方です。

信用取引は、危険。これは正しいと思います。但し、使い慣れているベテランになれば、小額の資金で、その2倍以上も相場を張ることができる便利なツールという一面も持っています。

来年の予想・・・・・

いろいろな証券会社のレポートなどを参考にしながら、来年の相場想定を考えていました。今年は、JQ指数が大きく上昇した年になりましたが、その後、日経平均が、16連騰するなど、日本の株式市場が大きく変わった感じがしています。

来年は、日経平均は、どこまで上昇するかが話題となりそうです。24000円~25000円を目指し、下値は2万円程度という予想が多いようです。私の想定も同じような感じですが、実際にはやはり「為替相場次第」という相場が続く感じがしています。

内需の多いJQ指数も上がりすぎて、天井を打つような可能性もある気がします。あと、10営業日程度となって今年の株式市場ですが、来年もいい年になることを願っています。私もポジションを縮小し始めていますが、今年は、少し多めのポジションで年越しをしようかと思っています。

 

ライザップとライブドア・・・

ライザップGもライブドアも最盛期の時価総額は、約7000億円ということになるのでしょうか?昨日は、日経平均は大きく下げていますが、ライザップGの株価も天井を打ったようになっています。ライブドアの場合には、株式分割を繰り返すことによって、大きく株価が上昇していましたので、買収を繰り返したライザップとは少し異なる点があります。但し、個人投資家などの注目を浴びている銘柄なので、中小型株全般的に雰囲気が悪くなりそうな感じがしています。

LD