謹賀新年・・・・・

ニュージーランドで一足お先に、新年を迎えました・・・・・・

今年も楽しみな一年になりそうです。 オークランド名物、スカイタワーの新年花火で幕開けです。

sky

8301の謎・・・・

過去5年ほど、日銀の株価は下げ続けています。株主のうち、財務省が55%とか金融機関が6%はわかるのですが、残り39%を個人が持っているという話があります。いったい誰なのでしょうか?ほとんどの株主は、ここ数十年変化がないという話もあるようです。

1980年代に、証券会社から私の母に、「日銀の株買いませんか?」という話があって、四季報で調べた記憶があります。配当利回りで、7%くらいあった記憶があります。その時に始めて、日銀の株(出資証券)が取引されていることを知りました。

最近の株価推移は、以下の通りです。 アメリカのFRBは完全に民間銀行であるのですが、通貨発行権を持っており、本当にモルガン家のような金融マフィアが支配しているというような話は事実であるような感覚になります。(笑)

boj

お仕置き・・・・

トランプ大統領の税制改革については、グローバル企業に対する節税を阻止するような条項もあるようです。なんだかんだいって、いろいろと考えられているのが、今回の税制改革のようです。アマゾンのように、本社が海外流出しているような会社や銀行についての対策(お仕置き)もなされているようです。トランプ大統領おそるべし・・・・

torannpu

孫社長・・・・・

ソフトバンクの孫社長が、いろいろと取り上げられています。まず、シャープが、彼のアイデアを1億円で買ったという話があります。また、ブルムバーグのインタビューでは、いろいろと若い頃のことを聞かれています。 今後も「世界の孫社長」として、いろいろと活躍されそうです。

現在の日本では一番偉大なオーナー社長となっている孫社長ですが、今後もグローバルにいろいろとやってくれることでしょう・・・・・

 

究極の贅沢・・・・

日本においては、究極の贅沢は、馬主になることでしょうか?有馬記念で、引退したキタサンブラックの馬主は、北島三郎さんで、演歌の大御所です。そのほか、有名芸能人でも馬主となっている方は多いようです。いろいろと話を総合すると、馬主になるとレースで勝つというロマンは得られるし、節税効果もあるようなので、人気があるようです。なるほど、自分の節税までできる究極の贅沢なのかもしれません。

bあぬ

終値は高値更新・・・・

日経平均が終値ベースでは高値を更新して、26年来の高値水準にあるようです。米国も史上最高値を更新し続けている状態なので、当たり前かもしれません。確かに、日経500指数などは、すでに1989年のバブルの頃の最高値の90%程度のレベルにあるという話もあるので、日経平均が、指数としての役割をなしていないのかもしれませんね。

 

クリスマス・・・・

今朝は、広い庭の草刈り等をやっています。広すぎて本当に大変です。体力がいるし、暑いし筋トレには最高の条件です。それなりにたいへんですが、クリスマスの日は、どこのお店も休みだし、公園へピクニック程度のことしかできません。(笑)

といいつつ、東京マーケットは、もうすぐ開くので、とりあえず様子はみようとは思っていますが、売買はやる気が起きません。

20171225_112523

何年ぶりだろう・・・・

記憶にある限りでは、2005年の年末以来かもしれません。大きなポジションを抱えて、越年することになりそうです。それなりにポジションは減らしたのですが、このまま大発会を迎えることになりそうです。2006年は、ライブドアショックまでは順調だったのですが・・・・・

今回はどうなるのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・

Happy Christmas !

kurisu

個人投資家が最も潤った2017年・・・・

1980年代後半のバブルの頃は、証券会社や一部の個人投資家は潤ったが、バブルにもかかわらず損をしていた個人投資家が多くいたのですが、今年は、多くの個人投資家が潤った過去最高の年ではなかったかと思われます。バブルの頃にもっとも儲かった年は、1988年と言われています。それを大きく抜いたのが、2017年かもしれません。

個人投資家が保有している率の高いような中小型株などが大きく上がったことが大きな要因です。また、団塊世代が多く保有してたような大型銘柄、ソニーやパナソニックなどのの銘柄も大きく上げたのもよかったようです。タレントの杉村太蔵氏の株式投資資産も、10億円を超えたというような噂もあるようです。

2012年の東証一部の時価総額(250兆円)が、約2.7倍にもなっていることを考えると、相当の個人投資家が潤っているといってもいいと思われます。特に、中長期での投資家が最も潤ったのではと想定しています。

このところ、1億円の価値が大きく下がっているような感じになっています。2012年頃の1億円なら、結構な不動産が買えたのですが、今はそうではなくなっています。東京のタワーマンションの最上階は、4億円程度ないと買えなくなっています。

多くの人に実感はないような感じもありますが、日本はバブリーな時代を迎えています。私が、東京に戻った際に、そのようなものを感じています。ベンツのマイバッハは売れているし、中古価格もうなぎのぼりのようです。

my

来年は、そろそろ調整があっても可笑しくないのかもしれませんね。

儲けを増やすには・・・・

今後、日本でも時代が変わって、中長期に投資をするほうが、儲けを増やすことができる時代がくるような感じがしています。但し、日銀がインフレ政策などを成功させるという条件付ですが・・・・・

積み立てNISAなども積極的に利用して、資産を増やす時代が到来しているということかもしれません。