ちょっと異なる意見も・・・・

私の場合には、株式相場(投資)で儲けている投資家は、2~3%というのは、あまりに低く、株式投資の成功率に関しては、別の見解を持っています。私は、1984年に、大学を卒業して、社会人になってから株式投資を始めています。当初は、自分の持っている範囲で買える株を買って、まさにビギナーズラックで儲かったこともあり、株式投資にどっぷりとひたるようになりました。(笑)

当時、自分のまわりにいた自称「ベテラン投資家」というのも、ほとんどが証券会社の営業マンのいいなりに売買していました。ちょっとは儲かるけど、トータルでは損をしているのが、ベテラン投資家の実情だったと思われます。野村證券1社でも、1兆円以上の利益を出していた時代で、競馬をやっていて儲かるのは、胴元だけという状態なのが、業界の実情でした。その頃は、確かに、日本のバブルの時代であったにもかかわらず、投資家の数%しか儲けていないと思われた時代だと考えられます。

笑えるのは、ちょっと株式投資の勉強しただけの私の知識に対して、ベテラン投資家が、「お前すごいな。よく勉強しているな。」ということを言ったことでした。このような、知識もなく、趣味ないしは遊びとして株式投資をしているような方が、個人投資家の8割方ではなかったかと思われます。当時、実際にある中堅証券の営業マンから、「当社に信用取引口座は、約2万口座あるが、儲かっている口座は、100くらいしかない。」という話を聞いています。確かに、約0.5%です。

加えて、証券取引手数料のバカ高さがありました。1992年から、きっちりと株式投資の経費や利益をつけるようになった際に感じたことは、証券取引手数料の高いことでした。売買によるキャピタルゲインが、1000万円くらい得られても、400万円くらいは、証券会社の手数料としてもっていかれていることでした。この時は、短期の売買が中心だったので仕方がないことですが、このような大きなハンディキャップのもとでやらざるを得ないのが実情でした。

現在は、どうでしょうか?1000万円の利益を出しても、証券会社の手数料は、10万円にもならないくらいで済みます。これは、大きなメリットです。私が、講師をしている投資塾でも、儲けている方は、受講者の半数以上に上ると想定しています。投資塾を始めて、8年目に入りましたが、コアな受講生は、4割程度おり、長い間継続して頂いています。

私が考えるに、現在の株式投資家のうち、継続して儲かっている方は、通常の商売を始めて生き残る確率並みに、20%程度はいると思っています。加えて、商売の確率の20%も、なんの知識もなく商売に参入される方が、半数近くいるということで、実際にまじめに勉強して実践している方の成功する確率は、40%程度はあるのではないかと思っています。

じゃなければ、私のような個人投資家が、30年以上も生き残ることできるのが、プロ野球選手並みの生き残り確率とは到底信じられません。実際に、個人投資家などが、実際の口座損益を公開している「トレードアイランド」の運用成績をみると、実態がもっとよくわかるかもしれません。

もちろん、私の場合には、長い投資経歴の中で、儲かる年もあれば、儲からない年もありました。オニール式の成長株投資を日経平均が約4万円→8千円まで下がるような時代に、主に「買い」で投資をしていたからかもしれません。それでも、トータルでは大きく資産を増やすことができ、42歳になった際には、セミリタイヤも実現できました。

もう、投資塾も8年目に入りましたが、受講生の中には、DUKE。さんのように、「億り人」となって、サラリーマン生活を卒業して、自由人になった人も多くいるようです。別に、このブログを読んでいる方に投資家としての希望を持ってくださいという意味ではありませんが、日本の株式市場は、500兆円以上の巨大なマーケットであり、一流プロスポーツ選手や一流芸能人(これらの業界は、0.1兆円程度のマーケット)のような運と実力を兼ね備えなければ、成功できない世界ではありません。

サラリーマンをやりながらでも、十分に成功できる世界であることを申し加えておきます。但し、自分の投資流儀を実践しながら確立して、儲け続けていくことがもっとも重要であることは間違いないと思います。

 

 

 

 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。